印鑑に彫られる書体には、数多くの種類があります。
様々な書類の上で、自分の顔となってくれる印鑑。
だからこそ、納得してつくりたいものですね。
最近では、パソコンでフォント作成ができ、自分の好みの書体を使用することができます。
実印 はもちろんのこと、業務用からオシャレな書体まで作成できるので、とても便利です。
フォント作成用のフリーのソフトが出回っていますので、ご自分の気に入った書体を作成し、それを彫ってもらうのもいいですね。
基本的な書体は、篆書体(てんしょたい)、太枠篆書、吉相体(きっそうたい)、古印体(こいんたい)、隷書体などとなっております。
他にも、印鑑を購入する際の注意点を上げています。

詳しくは、印鑑を購入するにあたってへ!